しわたるみの原因

肌の仕組みを正しく理解!表皮・真皮構造と組織の役割とは!

投稿日:

皆さんは、ご自身の肌はどのような作りになっているのかということはご存知でしょうか?

肌の内部は健やかさと美しさを保つ「表皮」、ふっくらとした肌の土台を築く「真皮」をはじめとする、さまざまな組織によって構成をされています。

正しいしわ・たるみの対策を行うためにも、肌の仕組みはきちんと理解をしておきましょう。

A.表皮構造

皮膚の一番表面の部分の組織を「表皮」といいます。「角質」という名前もよく聞いたことがある人もいるかもしれませんが、角質も表皮の一部です。

兵部の最上部にある、死んだ細胞(角質細胞)を角質層といい、その下の活動をしている生きた細胞を(表皮細胞)の層と分類をしています。

角質層

肌の最も表面にある、表皮細胞の死んだもの(角質細胞)で作られているのが「角質層」です。この角質層には、約30%の水分が含まれています。

角質層の主な働きは、皮膚に触れる全てのものを体から守って、内部の水分が蒸発しないように守ってくれています。(肌のバリア機能)そして、角質層はターンオーバーによって垢となって、元の肌から剥がれ落ちていきます。

角質細胞がレンガ状に顔の場合は、約20層積み重なってできている層では水分を20%含んでいます。

ラップフィルムと同じくらいわずか0.02㎜の薄さながら、肌に触れる外からの刺激などが体内に入らない守ったり、肌内部の水分が蒸発しないように守ったりするシャッターの役割をしています。

角質層より下の表皮

角質層よりも下にある表皮は、生きた細胞(表皮細胞)によって作られています。この生きた細胞も、約65%の水分を含有しているといわれています。

主な働きは、外からの刺激に対する脳への伝達や、アレルギー反応を与えるなどさまざまです。

顔の表皮は、2ミリほどの厚さがあり、ターンオーバーによる28日周期で、新しいものへと生まれ変わっていきます。

しかし、このターンオーバーの周期は、年齢を重ねるにつれて遅くなってしまい、層も薄くなっていってしまいます。

基底層は、皮膚の一番下にあって、新しい皮膚細胞を作り出す工場のような働きがあります。真皮との境目にある「基底層」で生まれた表皮細胞が、しっかりとくっついてのびても破れないような丈夫な表皮を作っています。

メラノサイト

そのほかに、外的刺激から肌を守る免疫細胞や、メラニン色素を作る色素細胞「メラノサイト」も含まれています。このように摩擦などの物理的刺激や、化学的刺激を総合的に防御する重要な働きを持つのが表皮です。

表皮とターンオーバーの仕組み

表皮は、「基底層(きていそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、顆粒層(かりゅうそう)、各層」の4つの層から成り立っています。そして、表皮の最大の特徴ともいえるのが、90%を占めている細胞(角化細胞)が「角化」するということです。

基底層で生まれた角化細胞は、二つに分裂をします。一つは基底細胞へ、もう一つは「有棘細胞、顆粒細胞、角化細胞」へ変化をしていき、最終的には垢となって皮膚から剥がれ落ちていきます。

これらを「角化」といい、角化によって表皮の細胞が入れ替わることを「ターンオーバー」といいます。ターンオーバーは、平均で28日かかるといわれ、ターンオーバーが早すぎると各層が薄く弱まってしまい、乾燥しやすい「敏感肌」にもなってしまいます。逆に遅すぎると、角層が厚く硬くなってしまい、「くすみ・シワ・ニキビ」などができやすくなります。

B.真皮構造

真皮は表皮の下の部分の階層にあり、その約70%はコラーゲン繊維によってできています。

コラーゲンは、真皮の中に網のようなネットワークを作り出すことで、真皮の弾力を維持しています。コラーゲンには、エラスチンという別の繊維も存在していて、これがあらゆる箇所でコラーゲンの働きを支える役割をしてくれています。

そして、コラーゲン・エラスチン繊維のまわりを埋めているのが「ヒアルロン酸」です。ヒアルロン酸は、ゼリー状の物資によって真皮における水分量を守る働きをしています。

これらの繊維が、加齢によって古くなってしまい、肌の弾力を支えることができなくなってしまうことが、シワを作り出す最大の原因といわれています。

コラーゲン

コラーゲンは、真皮の主成分ともいわれる繊維で、丈夫なたんぱく質によって作られ、古くなったコラーゲンは酵素などによって分解がされます。
その役割は、真皮の中に網目状のネットワークを作ることで、弾力をキープしています。

このコラーゲンとシワとの関係はとても深く、コラーゲンの変性や減少が肌にシワを作る主な原因となっています。化粧品にもコラーゲンは配合されていますが、保湿成分であるため、真皮へ行き届いてシワを治せるというものではありません。

エラスチン

エラスチンはゴムのような弾力のある繊維で、コラーゲンの線維をところどころを繋ぐ役割をしています。このエラスチンは、真皮の組織内では約5%を死ねていますが、加齢とともに減少してしまます。

コラーゲンと合わせて、エラスチンの減少もシワを発生させる原因となります。

線維芽細胞

真皮の成分「コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸」を作り出して、真皮の基本構造を作り上げる働きをしている。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、ムコ多糖類と呼ばれるゼリー状の物質で、真皮に存在をしています。

真皮におけるコラーゲン・エラスチン繊維の、ネットワーク構造の隙間を埋め尽くし、弾力を支える働きをしています。

水分含有量がとても多く、ヒアルロン酸が豊富なほど真皮が潤い、同時に肌もみずみずしくすることができます。その高い水分保持力から、多くの化粧品の保湿成分としても活用がされています。

また、ヒアルロン酸は真皮以外にも、関節の動きをスムーズにしたり、目の中の潤いをキープしてくれたりなど、体のあらゆるところで水分維持に働きかけてくれています。

残念ながら、ヒアルロン酸も年齢を重ねるにつれて減少してしまい、真皮における水分も減っていってしまいます。

皮脂腺

皮脂を分泌している細部の集まりを、「皮脂腺」といいます。皮脂腺で皮脂が作られると、毛穴に分泌をされて、毛を通して肌の表面へと排出がされます。

皮脂の主な成分は、「脂肪酸系物質40%、ロウ酸25%、スクアレン10%」ほどになります。

汗腺

運動をした時などに、汗を分泌している細胞の集まりが「汗腺」です。

汗腺には、エクリン汗腺とアボクリン汗腺の2種類があります。

肌の仕組みのまとめ

今回は「表皮組織・真皮組織」をはじめとする、肌の仕組みについてのご紹介をさせていただきました。

私たちの肌は、年齢と共に肌内部の組織も老化して、有効成分も減少をしてしまいます。歳を取ることは避けることはできませんが、肌の老化はエイジングケア化粧品を使用することで、多少の進行を妨げることができます

毎日の地道なケアが、5年10年先の肌環境を大きく変えるきっかけとなりますので、日頃から肌に使う化粧品でしっかりとエイジングケアを行いましょう。

<しわたるみの化粧品一覧>

-しわたるみの原因

Copyright© 【シワセレブ】しわたるみの原因を化粧品で徹底対策! , 2018 All Rights Reserved.